㈱先駆建設のこだわり

 ① 木を中心とした”自然素材の家

以前、弊社は普通に 外壁は窯業サイディングと、内壁は ビニールクロスの仕様でした。

しかし、木を中心とした自然素材の家を見学した時に、心からやすらぎと 心地良さを感じました。

それから5~6年かけて勉強して、平成27年から「木を中心とした自然素材の家」に取り組みました。

おかげさまで、皆様から喜んで頂いて「センクスタイル」という現在の商品になりました。

(ビニールクロス、新素材、窯業サイディングは一切使っていません。)

TOP

 ② 冬暖かくて夏涼しい家

 断熱へのこだわり 断熱等級4を全住宅に施工

 弊社は断熱に最初からこだわってきました。
 
10年前頃から、国が断熱の基準を初めて作りました。

断熱等級を1から4まで決めて、家の断熱の評価を作りました。

この時から、弊社は最高の等級4の断熱を全住宅に施工しました。

 
又、文科省が学校の空調の目安を昨年大幅に見直しました。

温度が17℃以下なら暖房を、温度が29℃以上なら冷房をすると画期的に変更しました。
 

 パッシブデザイン協議会の野池政宏さんは「冬の居室の温度は20℃を目標にして、最低でも15℃以上になるようにする」と言っています。
 
 弊社の住宅も大牟田のン平野部では冬に暖房なしで15℃以上になる断熱を目指しています。

 ③ 地震に強い家

弊社は全棟 耐震等級3の仕様です

建築基準法では、木造住宅には従来の経験から簡易な計算で許可がおります。耐震等級1のレベルです。

耐震等級のレベルの1.25倍の強度を持つのが耐震等級2です。

そして1.5倍の強度を持つのが耐震等級3です。熊本地震の時は、耐震等級3の建物は殆ど被害にあっていません。

弊社は全棟、耐震等級3の仕様です。

 ④60年アフターサポート

大切なおうちを守るために、以下のようなサポートをいたします

①60年に渡り定期点検を行います。

②防蟻工事&防蟻保証

③24時間365日サポートデスク

④緊急対応サービス(水漏れ等)

⑤住宅会社倒産時のサポート継続サービス

補足

国産の杉材・モイス

杉は熊本県小国産の板を使っています。木目がきれいで肌さわりも心地良いです。天井、床、外壁に使っています。

モイスとはLIXILと三菱マテリアルが共同で開発した自然素材で作られた、セラミックでありながら木材のように粘り強く温度の調整や消臭効果に優れた土壁の機能をもった素材です。

20080725131347-500x268
0001-500x375
moisstm-d01-500x325
0002-500x375

樹脂サッシ

アルミではなく、本体が樹脂で作られている為、結露がありません。ガラスは遮熱・高断熱Low-e複層ガラスを使用している為アルミサッシより3倍もの断熱効果があります。

ジュシサッシ02-150x150
0001

断熱材

断熱は、アルミ透水シートで、家全体を遮熱して、内側に屋根、壁、基礎に硬質ウレタン吹付けを施工しています。温熱等級4をクリアして、夏涼しく冬あたたかい家になっています。

IMG_8610
植栽1

植栽

外観の中心にシンボルツリーを植えることをお勧めしています。この1本で家全体が、とても引き締まったものになります。

植栽計画で住み心地のよい空間になります。

スーパーラジエントヒーター

リボン状の金属発熱体を加熱面全体に配置したもので健康に良い遠赤外線の温熱効果で素材を素早くおいしく調理ができます。電磁波が出なくて身体にも健康的です。

スーパーラジエントヒーターコンロ部
標準仕様表1
標準仕様書2
標準仕様書3

お問い合わせ・ご相談はコチラから

受付時間:8:00〜17:30

コンテンツ見出し

中見出し

中見出し

中見出し

中見出し
中見出し