無垢フローリングを使用した注文住宅の特徴とメンテナンスについてご紹介します!

注文住宅を建てるなら、フローリングは無垢材にしたいと思っている人はいらっしゃいませんか。
しかし、無垢フローリングは、ハードルが高いのではと感じている人も多いですよね。
そこで今回は、無垢フローリングの特徴とメンテナンス方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

 

□無垢フローリングの特徴とは?

無垢フローリングの特徴は、何といっても柔らかな質感を楽しめることでしょう。
天然の木から丸ごと取り出しているため、自然の木の感じを堪能しながら生活できるのが、最大の魅力です。

また、住み続けることで味わいが深まっていくのも、無垢フローリングが好まれる理由の1つです。
複合フローリングでは、傷やへこみができてしまうと、修復するのが難しいです。

しかし、無垢フローリングは、傷ついた部分に水分を含ませてからアイロンをあてたり、やすりなどで削ったりすることで、ある程度修復できます。
そのため、普通であれば避けたい経年劣化も楽しめる住宅になるでしょう。

ただし、無垢フローリングにも、いくつかデメリットがあります。
例えば、調湿作用に優れているため収縮することや、傷つきやすいことなどが挙げられます。

無垢フローリングを使用した注文住宅に住む場合は、これらの点に注意するようにしましょう。

 

□意外に簡単な無垢フローリングのお手入れ方法

上記より、無垢フローリングの特徴を把握していただけたと思います。
しかし、「お手入れやメンテナンスが難しいのでは」と思われている方も多いですよね。
ここでは、無垢フローリングのメンテナンスが意外に簡単であることについてご説明します。

まずは、水染みができた場合の修復方法です。
日常生活の中で、お茶やジュースなどの飲み物をこぼしてしまうこともありますよね。

そのような場合は、紙やすりを用意しましょう。
それを用いて、無垢フローリングの表面を少し削ってあげれば、水分による染みが無くなります。

次は、ものを落としてへこみができた場合の修復方法です。
無垢フローリングは、ものを落とした時にへこみができてしまいます。

そのような場合は、水を染みこませた布か綿、そしてドライヤーやアイロンなど温めるものを用意しましょう。
それらを用いることで、できてしまったへこみを、目立たない状態まで修復できます。

 

□まとめ

今回は、無垢フローリングの特徴とメンテナンス方法についてご紹介しました。
無垢フローリングは、皆さんの想像よりメンテナンスが難しいものではないことを分かっていただけたでしょうか。
注文住宅のことで何かお悩みがある方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

 

 

先駆建設
TEL 0944-54-7191
住所 〒836-0051福岡県大牟田市諏訪町3-37-2

毎日更新中!インスタグラムはコチラ▼
https://www.instagram.com/senkukensetsu/